導入実績イメージセンサなどの大量データ通信

高フレームレート化・高画質化に対応

イメージセンサなどの大量データ通信の図

CVC Codec

産業用で採用

スムーズな画像処理の実現と蓄積容量改善に貢献!

カメラの高フレームレート化・高画質化にともない、ネックとなっていた伝送帯域を改善してスムーズな画像処理を実現しました。
イメージセンサから出力された生画像データをCVC Codec / EncoderでCVC圧縮することで、スムーズに画像処理システムへ伝送することができます。
また、伝送された圧縮画像は画像処理システム内のCVC Codec / Decoderで生画像に展開され、従来と変わらず画像処理を行うことが可能です。
この事例では、画像処理前の画像はCVC圧縮がされた状態で蓄積されるため、蓄積容量の改善にも貢献しています。

※データにより数値が変動する場合があります。