導入実績基板内のデータ蓄積

大量のデータもスムーズに処理

基板内のデータ蓄積の図

CVC Codec

産業用で採用

メモリへの負荷を低減したデータ収集システム

CVC圧縮によるメモリの伝送帯域・蓄積容量改善で、スムーズなデータ処理を実現しました。
各種センサからの生データを、データ収集システム内のCVC Codec / EncoderでCVC圧縮して、メモリに蓄積。コンパクトになったデータであれば、既存メモリでも伝送や蓄積をスムーズに行えます。
データ解析時には、CVC Codec / Decoderで生データに展開し、データ劣化なく正確なデータ解析を行うことが可能です。

※データにより数値が変動する場合があります。