導入実績ADAS・自動運転用ECUの開発

車載画像処理の信頼性向上に貢献

ADAS・自動運転用ECUの開発の図

CVC Image

CVC Codec

開発用で採用

CVC圧縮により長時間の走行画像蓄積が可能に!

従来は、HDDなどの通信帯域の関係から、SSDでRAIDを組むなどのハードウェア構成を用意する必要があり、また、データ圧縮も間に合わず生データで保存するため、長時間の走行動画像を蓄積することも困難でした。
しかし、CVC ImageやCVC Codecを活用してデータサイズを縮減し、必要な通信帯域を低減することで、こうしたハードウェア構成の必要性が克服され、同時に長時間走行動画像を蓄積することも可能となりました。
ADAS(先進運転支援システム)や自動運転用ECU、ADAS・自動運転画像処理ソフトなど、自動車関連の研究開発用途でCVC ImageやCVC Codecが活用されています。

※データにより数値が変動する場合があります。